ブロック/全国大会

審査員

Ilya Rashkovskiy
イリヤ・ラシュコフスキー

-PROFILE-
1984 年シベリアのイルクーツクに生まれ。5歳よりピアノを始め、8歳でイルクーツク室内オーケストラと共演。93年シベリア・ノボシビルスク特別音楽学校に入学しレベンセン教授に師事。95年イタリア・マルサラ市の国際コンクールで優勝。98年ウラジミール・クライネフ国際コンクールに優勝し、本格的な演奏活動を展開。同年にロストロポーヴィチ財団の奨学金を授与され渡仏、コルマールやキエフの音楽祭に招かれマエストロ・カッツやミコラ・ダイダユラ、キエフ交響楽団とも共演を果たす。
2000年ハノーヴァー音楽学校に入学、ウラジミール・クライネフに師事。その後パリのエコール・ノルマル音楽院でM.リビツキに師事。
01年ロン=ティボー国際音楽コンクール第2位受賞。05年アシュケナージが審査員長を務める香港国際ピアノコンクールで優勝。07年エリザベート王妃国際音楽コンクールで4位入賞。11年ルービンシュタイン国際ピアノコンクール第3位受賞。12年ピネロロ市国際ピアノコンクール(イタリア)優勝。同じく12年第8回浜松国際ピアノコンクールで見事優勝し、聴衆賞、札幌市長賞も受賞。翌13年には同コンクール優勝者ツアーが国内外25公演にわたり開催された。
日本へは02年に初来日し、サントリーホールにて「ロン=ティボー国際音楽コンクール・ガラ・コンサート」に出演。06年第25回横浜市招待国際ピアノ演奏会、07年彩の国さいたま芸術劇場“ピアノ・エトワール・シリーズ”など、多数の出演を重ねている。東響、新日本フィル、神奈川フィル、名古屋フィル等とも共演をしている。
CDは08年「チャイコフスキー:四季、ピアノ・ソナタ」(ナクソス)、13年に浜松市国際ピアノコンクールのライヴ盤、13年「ショパン:練習曲集全曲」(ビクター)、16年「スクリャービン ピアノ・ソナタ全集」(NAR)、16年「展覧会の絵」(仏La Musica)等を発表。
ロマンティックで繊細、そしてダイナミックで野性的な表情を自在に表現し、音楽性の高さ、卓越した技巧で聴衆にアピールし絶大な支持を得ている。パリ在住。
• 2001年 – ロン=ティボー国際コンクールピアノ部門(パリ)第2位
• 2004年 – 第20回ヴァルセージア国際音楽コンクールピアノ部門(ヴァルセージア)第1位
• 2005年 – 第54回ハエン国際ピアノコンクール(ハエン)第1位
• 2005年 – 香港国際ピアノコンクール(香港)第1位
• 2007年 – エリザベート王妃国際音楽コンクールピアノ部門(ブリュッセル)第4位
• 2008年 – アニマート賞(パリ)第3位
• 2009年 – スクリアビン国際ピアノコンクール(グロッセート)第3位
• 2009年 – モロッコ国際ピアノコンクール(カサブランカ/ラバト)第2位
• 2009年 – カンピロス国際ピアノコンクール(カンピロス)第2位
• 2010年 – カントゥ国際ピアノコンクールロマン派協奏曲部門(カントゥ)第2位
• 2010年 – ヴィアンナ・ダ・モッタ国際ピアノコンクール(リスボン)第2位
• 2010年 – ルチアーノ・ガンテ国際ピアノコンクール(ポンデローネ)第2位
• 2011年 – パテルナ国際ピアノコンクール(パテルナ)第2位
• 2011年 – ルービンシュタイン国際ピアノコンクール(テルアビブ)第3位
• 2012年 – ピネローロ国際ピアノコンクール(ピネローロ)第1位
• 2012年 – 浜松国際ピアノコンクール(浜松)第1位
Wikipedia参照
Ilya Rashkovskiy is the first prize winner of the following competitions: the Hamamatsu International Piano Competition (first prize and Public Prize, Japan, 2012), the Citta di Pinerolo Competition (Italy, 2012), the International Jaen Competition (Spain, 2005), and at the Hong Kong International Competition (2005). He is among the top prize winners of the Long – J. Thibaud Competition in Paris (2nd Place), Queen Elisabeth Competition in Brussels (4th Place) and Artur Rubinstein Piano Masters in Tel Aviv (3rd Place).
When he was only five years old, Ilya Rashkovskiy began to play piano. A year later, he began to compose. At the age of eight, he gave his first concert with the Irkusk Chamber Orchestra. From 1993 to 2000 he studied at the Novosibirsk State Conservatory with Professor Mary Lebenzon. From 2000 to 2009 he studied at the Musikhochschule in Hannover with Professor Vladimir Krainev and finally at the École Normale Supérieure Alfred Cortot in Paris with Professor Marian Rybicki.
Passionate about orchestra conducting and composition, he followed the teachings of Dominique Rouits and Michel Merlet.
Ilya performed in several prestigious concert venues throughout the world, such as the Théatre du Châtelet, the Salle Playel, the Cologne Philharmonic Hall, the Essen Philharmonic Hall, the Royal Concertgebouw in Amsterdam, the Grand Hall of the Moscow Conservatory, the Suntory Hall in Tokyo. He was invited to perform at the Joy of Music Festival in Hong Kong, the International Piano Festival in La Roque d’Anthéron and the International Chopin Festival in Duszniki-Zdroj (Poland).
He collaborated as a soloist with the Orchestre Philharmonique de Radio France, the Orchestre national de Lille, the Gulbenkian Orchestra, the National Orchestra of Belgium, the Maastricht Symphony Orchestra, the Czech National Symphony Orchestra, the Romanian National Orchestra, the Tokyo Symphony Orchestra, the New Japan Symphony Orchestra, the State Academic Orchestra of the Russian Federation, the National Philharmonic of Ukraine and the Montevideo Symphony Orchestra among many others.
In 2016, he gave several concerts in Russia, notably with the Mariinsky Theatre Orchestra in Saint Petersburg. He also participated in the gala concert organized as a tribute to Sergei Prokofiev at the Tchaikovsky Concert Hall of the Moscow State Philharmonic Society. Furthermore, he recently performed at the Verdi Hall in Milan as well as the Salle Gaveau in Paris.
Ilya Rashkovskiy is a great chamber music admirer and he gladly shares the stages with violinists such as Ji-Yoon Park, Valeriy Sokolov and Andrej Bielow. He also collaborates with singers such as Brigitte Balleys and Orianne Moretti.
He is also actively engaged in fostering younger talents and has given master classes on several occasions in Hong Kong, New Zealand and France. He has been invited as a judge at International Piano Competition Animato for last three editions in Paris.
His last CD with the works of Russian composers (Mussorgsky, Rachmaninov and Tchaikovsky) was released in October 2016 (La Musica, France). In 2015, he recorded A. Scriabin’s complete piano sonatas in commemoration of the 100th anniversary of composers’s death (NAR, Japan). He also recorded the Seasons and Sonata in c-sharp minor by Tchaikovsky (Naxos Label – 2008), Fantasies by Mozart, Chopin, Liszt and Scriabin (Alpha Omega Music Hong Kong – 2009), as well as Chopin’s Complete Études in 2013 (Victor Japan).

-INFORMATION-
HOMEPAGE

 

 

審査委員一覧

EN / JP
タイトルとURLをコピーしました